[其の十]『ホジ落とす(本地落とす、正体なくす、記憶をなくす)』

DSCF68323

瞼をゆっくり開ける。時計の短針が「3」のあたりにある。二日酔いではないようだ。次の瞬間ムクッと起きて「あちゃー、またやった」と、顔をしかめる。テーブルの上にはクルマの鍵と財布、百円玉が七、八個。運転代行を使って帰ってきたのは間違いがないようだと、まずは安心する。

嫁さまに声を掛けられた。「ん? 今何時? なにウロウロしてるの。何か探しもの?」「いやー、なんでもない」そう答えたものの、実は探している。夕べの記憶だ。

夕べは蔵の飲み会だった。その飲み会の記憶が途中からない。この辺りではこの状況のことを「ホジ落とす」という。この「ホジ」、一旦落とすとなかなか見つからない。刑事ドラマのように、夕べの足取りや言動を聞き取りし、人様に「被害」を与えていないか、自ら証明しなければ。解決しないといつまでも「被疑者」みたいで居心地が悪い。

天の戸には「杉玉会」という親睦会がある。冬の酒つくりの期間中、休みなしの毎日にもかかわらず「酒つくりの疲れは酒で流す」などと宴会をやる。会則はただひとつ、「何があっても、最低月一回やること」。

社長には「今年の酒の出来は、料理と合わせてみないとわからない」とか「酒の味は蔵の空気のなかでは欠点が見つけにくい。外で飲んでみないと」などともっともらしい理由をつけてお酒を出してもらう。会費はツマミに充てるのだ。

毎回スタートは六時ころから。はじめは本来の目的どおり「利き酒」だ。「今年は味たっぷり型だ」「このタイプは味のりするまで出荷を待ったほうがいいな」と互いに感想を言い合う。そして、そのあとは差しつ差されつだ。

「さて」と、料理をゆっくりと食べようとすると「杜氏、ご苦労さんです」「杜氏、さすがです」「杜氏、この酒どうですか?」。若手の連中が次々と酒を注ぎに来る。杜氏すっかりご満悦である。・・・ん? まてよ。もしや。

《それでなくても、仕事での杜氏は口うるさい。飲み会でもその調子でやられちゃ大変。まずうるさい杜氏には眠ってもらおう》──きっとそうだ。そういう魂胆だったのだ。してやられた。睡眠不足とはいえ、あまりに早い撃沈だったのはそのせいか。「杜氏、代行来ました」と、鈴木君から言われて目が覚めたような気もする。それもおぼろげだ。

やはり記憶がつながらない。次の朝、先輩の西田さんと加藤さんに「昨日、途中からの記憶なくて、俺、変なことしませんでしたか?」と恐る恐る聞いてみた。すると二人は「なんの、おりこうさんそのもの」「静かに飲んでたよ」。その言葉にやっとほっとする。

休憩時間、若手連中が二次会で行ったカラオケの話で盛り上がっていた。西田さんが「なあ、加藤さん、俺たちもカラオケ行きたかったな」というと、「えっ、何言ってるんですか!あれだけ歌ったら十分でしょ」と新人の翔太に切り返された。もしや、西田さん、加藤さん。あなた方も「ホジ」落としてたのでは・・・。

以前、同じ東北である宮城の人に「秋田では、未だにあんな飲み方してるんですね」と言われたことがある。まるで絶滅危惧「民」のような言い方だ。だが、確かに「そろそろお開きで」なんて、ここでは通用しない。「締めます!」と幹事がきっぱり言わない限り、宴会は延々と続く。酒が大好きで、酒を飲むことに寛容な風土の表れなのかもしれない。

それにしたって昨日は「大きいグラスに氷水ください」と「和らぎ水」頼んでたのになぁ…。「ホジを落とした」次の日だけは、ひたすら、そしてひたすら反省が続く。